So-net無料ブログ作成
検索選択
革・鞄(produzioni, pelle) ブログトップ
前の7件 | -

アワード2016出品「反射革メッセンジャーバッグ」と審査会のご案内 [革・鞄(produzioni, pelle)]

 
今年もJapan Leather Award の季節がやってきました[グッド(上向き矢印)]

「Japan Leather Award」は、JLIA(日本皮革産業連合会)が主催する日本の革を使った日本最大の革コンテストで、2008年より実施し今年で9年目を迎えました。

おかげさまでABALLI

2012年「キーコロネ」で雑貨部門賞
2014年「にじいろバニティ」で日本エコレザー部門賞

を受賞させていただいているのですが、ボクみたいな個人でブランドを立ち上げた人間が今後やっていくには「最低でもグランプリ」という思いは常々持っております。

ただ、グランプリを生かせる体制が整っていなかったので、これまで部門賞狙いでやってきました。(もちろんグランプリ獲れたらなという思いはありましたが)

さて今年…

というか今回は昨年末から構想を練りはじめていました。
関西出張中にたまたま宿で見たテレビで紹介されてた「反射インク」を知ったのがきっかけでした。
※正式には「再帰反射インク」です。

ボクがABALLI立ち上げ前から真っ先に商品化したかったもの。
それはメッセンジャーバッグです。

イタリアでも自分用に作りましたし、日本に帰ってきてABALLI立ち上げ前にも1個作っています。
そして長年使いました。
しかし、商品化には立ちはだかる難問が大きすぎて、いまだに商品化できていませんでした。

そして以前から何となく思っていたことが「革の風合いを活かしたシックなメッセンジャーバッグは、夜の車からの視認性がよくない。」ということでした。
かといって、ダサい反射シートなどを貼り付けるようなマネだけはしたくありませんでした。

ボクのポリシーとして

革のバッグである以上「革らしさが出ていてカッコよくなければならない[exclamation]

という思いがあるからです。

「革の風合いを活かし、なおかつ夜の視認性、安全性が高い革メッセンジャーバッグは作れないだろうか?」と思っていたボクにとって、反射インクとの出会いは一筋の光明でした。

年が明けて、早速動き出しました。

1月、北陸にある某インク会社に出向いて、反射インクについていろいろとお話を伺い、革への印刷あるいは塗布の難しさを痛感しました。

下地シーラーもネットで調べて取り寄せたりしました。

そして一番肝心なタンナー(革なめし業者)とも協議しました。
そのタンナーも反射インクを使った革の商品化を考えていたようで、試作したものの、商品化には至らなかったということでした。
その経験と知恵を拝借し、あとは自分が「どんな革にどうやってインクを乗せるか」というところを実験しなければなりませんでした。
 

誰も成し遂げていないことをする[exclamation]
 

「反射革」の開発の本格始動である[グッド(上向き矢印)]
 

(NHK「プロジェクトX」の中島みゆきの「地上の星」を頭の中でBGMで流してご拝読ください )

[るんるん]風の中のす〜ばる〜 砂の中のぎ〜んが〜…

 
加藤は悩んだ。

「ただ単に反射インクを印刷しただけだと、革の風合いが消えてしまい、革である必要がなくなってしまう。」
「革の風合い、質感を活かしながら、こんなハードなインクを革に乗せるなんて…」
「一体どうすればいいんだ…」

「しかもインクが剥がれないようにしなければならない。」
「自分が好きな風合いのあるオイルレザーへの塗布では絶対剥がれてしまう。」
「やはり使う革はアレしかないか…」
「でもその革で果たして望むような風合いはだせるのだろうか?」
「どうすればいいんだ… どうすれば風合いよくカッコイイ反射革を作れるんだ…」

加藤は行き詰まった。

しかしある時、その瞬間はやってきた。

とある地方イベントで、常連のお客さんであるHさん(インク会社勤務)と、インクの革への塗布の相談をしていた時であった。

加藤の頭の中に、ひらめきが降ってきたのだ!

加藤に、一筋の光明が見えた。

家に帰り、早速そのひらめきを実験してみた。

「これならイケるかもしれない…」

その実験サンプルをタンナーに送り、仕上げ処理をしてもらった。
2種類の革のうち、1枚はインクが剥がれてしまったが、もう1枚は問題なく、風合いもイメージに近いものだった。
仕上げ処理の表情を若干変えればさらによくなるかも。

「よし!これでいこう!」

タンナーから本番用の革を取り寄せ、インクも追加で作ってもらい、特注色3色の反射インクの塗布にかかった!
塗布は困難を極めるものであったが、なんとかイメージ通りに完了させた。

そしてその革をタンナーに送り、仕上げ処理をしてもらった。

ABALLI特製の風合いの良い反射革の完成である[exclamation]

 
しかしここで大きな問題に直面する。

革が仕上がってきた時点で、アワード締め切り20日前。
他の忙しさもあり、デザインが決まらないのである。

デザインが決まらない中、時だけが過ぎていった。

メッセンジャーバッグのデザイン路線をどの路線にするかで決めきれない…。
新しい「反射革」という企画に対し、デザインも新しいことを取り入れたい。
でもそれは危険な賭けでもあった。

締め切り1週間前になっても決めきれない。

加藤は決断した!

「もう何も難しいことは考えずに、自分の好きなように作ろう!」

自分の「新しいモノ」を作りたいという思いに正直になろう!
 

そうして型紙を作り終えたのが締め切り4日前であった。

もちろん試作などできない「一発本番」での製作である。
しかし、今回のデザインや機能性には、ABALLI立ち上げ前に作った2つのメッセンジャーバッグの試験的要素を取り入れた。
それによりその要素のメリットを活かし、デメリットを改善したものづくりが出来たのだ。

最後の3日間はまさに死闘であった。

「なんとしても完成させる!」

加藤は最後の死力を振り絞って縫い上げた。

 
「反射革メッセンジャーバッグ」の完成である[exclamation]

 
(※撮影する時間がなく、作品提出場所のビルのエントランスで撮影したので、ちゃんと撮れてません)
messe_1.jpg
messe_2.jpg
messe_3.jpg
messe_4.jpg
messe_5.jpg
messe_6.jpg

messe_7.jpg

外して洗濯が可能な着脱式パッド。
そして汗の湿気をバッグ内へ入れないエナメル生地。
messe_8.jpg


車からの視認性も別格です[ぴかぴか(新しい)]
メッセンジャー比較_500.jpg
※ハイビーム使用時
 
 
アワードHPに全作品が掲載されています。どれも素敵な作品ばかりですのでぜひご覧ください。
http://award.jlia.or.jp/2016/list/

ちなみにABALLIの反射革メッセンジャーバッグはこちら
http://award.jlia.or.jp/2016/list/detail.php?no=J16A-3752
 
 
そして今週末の10日(月祝)、11日(火)の2日間、大阪の阪急うめだ本店9階「うめだホール」にて1次審査会が開催されます。

14517569_991721754289264_1800624468442246794_n.jpg
※Japan Leather Award のFacebookから使わせていただきました。

一般のお客様も予約不要で150名まで一般審査員として審査することができます

HPで見る限り、どの部門にも素敵な作品でいっぱいです。
ボクが出品した「メンズバッグ部門」にも素晴らしい作品がいくつもあります。

正直、今回は部門賞も難しいかな?と思ってしまいます。

関西方面の革の好きなみなさま
ぜひ阪急うめだ1次審査会で審査してみてくださいね[わーい(嬉しい顔)]
 
 
そして関東のみなさま
22、23日(土日)には神田マーチエキュート2次審査会があります。

こちらは一般審査はないのですが、1次審査通過の100作品を見ることができます。

こちらもぜひご覧ください。
 
 
さあ、今年のJapan Leather Award の行方はいかに[exclamation]
 
ボクはもうやるだけのことはやったので、神様仏様に祈るのみです。
 


「にじいろバニティ」価格改定のお知らせ [革・鞄(produzioni, pelle)]

 
3月は怒涛の催事出店で、各地で大変ご好評をいただきました[exclamation]
お買い上げくださったみなさま、誠にありがとうございました[exclamation]

 
さて、商品の価格改定のお知らせをさせていただきます。

 
Japan Leather Award 2014 受賞「にじいろバニティ」でございますが、本日4月1日より価格を改定させていただきました。

本体価格22,000円
税込価格23,760円

とさせていただきます。

IMG_0526.jpg

また、まだ量産体制が整いきれておりませんので、常に在庫がわずかしかなく、基本的に受注生産とさせていただいておりますことをご了承くださいませ。

今後とも「にじいろバニティ」およびABALLIをどうぞよろしくお願い申し上げます。


栃木革キーコロネ、Webショップで販売開始。 [革・鞄(produzioni, pelle)]

 
Japan Leather Award 2012 で、雑貨部門賞を受賞したキーコロネは、イタリア革の【cute】シリーズ、【classic】シリーズとは区別して【JAPAN leather】シリーズとして姫路革のキーコロネを販売してまいりました。

ただ、受賞後にその革が手に入らなくなり、昨年からイベントなどでは試験的に栃木レザー社のタンニンなめし革を使ったキーコロネも製作、販売するようになっておりました。

姫路革のキーコロネももう在庫が無くなってきたこともありまして、日本革は栃木レザーの革で正式販売することに決めさせていただきました。

これに伴い、いままで日本革は【classic】シリーズの形のみだったものを、【cute】シリーズも商品化することに致しました。

key_tochigi_detail_500.jpg
暫定的に撮った写真なので、栃木ブラックは製作が間に合わず、入っていません (^^;


【cute】シリーズ
イエロー、レッド、グリーンのイタリア革3色
栃木イエロー、栃木レッド、栃木グリーン、栃木ミルクティの栃木革4色

【classic】シリーズ
イエロー、レッド、グリーン、ネイビー、パープル、ブラウン、黒チョコのイタリア革7色
栃木イエロー、栃木レッド、栃木グリーン、栃木ネイビー、栃木ミルクティ、栃木チョコ、栃木ブラックの栃木革7色

という色展開で販売させていただきます。

今後ともABALLIのキーコロネをどうぞよろしくお願い申し上げます。


「にじいろバニティ」ご予約受付開始しました。 [革・鞄(produzioni, pelle)]

 
Japan Leather Award 2014 を受賞した「にじいろバニティ」ですが、なかなか量産にあたり壁がありまして、販売まで至っておりませんでしたが、しばらくの間「受注生産」という形でご予約受付を開始いたしました[グッド(上向き矢印)]

nijiiro_detail_2_500.jpg

「にじいろバニティ」の販売ページはこちら。

 
アワード出品時からいろいろ変更させていただきますことをご了承ください。

 
まず価格ですが、仕入れ等で諸問題がありましたため、当初の予定価格から変更いたしまして

19,800円(税込 21,384円)

とさせていただきます。

ただ、やはり当初の価格でも販売すべきと思いまして、以前メール等でご予約いただいたお客様と、3月2日時点でABALLI会員の方で3月6日までご注文のお客様には、【会員限定早期割引】としまして、当初の予定の価格にて販売させていただきます。

詳しくはABALLIメールマガジンで配信しております。

 
それで、しばらく受注生産となりますので、納期は数週間かかってしまいますことをご了承ください。


また、今週末博多受注会をさせていただきます。
詳細は明日ブログにてアップする予定です。

みなさまのご予約をお待ちしております。

今年も「春ころね」販売開始! [革・鞄(produzioni, pelle)]

 
昨年ご好評いただいた、春季限定数量限定商品「春ころね」の販売がスタートしました[グッド(上向き矢印)]

 
春コロネ_01_500.jpg

 
「なのはな」(cute)
春コロネ_11_500.jpg


「ちゅーりっぷ」(cute)
春コロネ_21_500.jpg


「わかくさ」(classic)
春コロネ_31_500.jpg


今年もこの3種類です[わーい(嬉しい顔)]

 
お求めは、ABALLIWebショップキーコロネ【cute】、またはキーコロネ【classic】からお求めいただけます。
 
 
九州方面の方は、博多駅ビル「アミュプラザ博多」7階の「closet」さんでも販売開始しております。

 
それから東京近辺の方は、月曜まで出店中の東急ハンズ渋谷店でもやってますよ[わーい(嬉しい顔)]
 

数量があまり作れないので、無くなり次第販売終了とさせていただきます。

みなさまのご注文、お待ちしております[わーい(嬉しい顔)]

 

新商品をWebショップに追加しました! [革・鞄(produzioni, pelle)]

今回、2商品をABALLI Webショップに追加致しました[グッド(上向き矢印)]

 
まず1点は、2012年に発売の人気のペンケース[Regina]エコレザー仕様が登場[exclamation×2]

 
pencase [Regina] -eco leather edition-


pencase_eco_01_500.jpg

ミント、ブルー、パープル、レッド、ブラウン、黒チョコ、ブラックの7色展開です。

豚革エコレザーのコシを利用することで芯材を省くことが出来たため、馬革仕様よりも値段を抑えることが出来ました。

9,980yen(+tax)にしてみました。

pencase_eco_02.jpg

 
もう1点は、1年前からイベントのみでお試し販売していた、花屋さん、ガーデニング用の多機能シザーケース・・・

 



scisser_f_11_500.jpg
s9.jpg
s2.jpg
s1.jpg

 
どちらの商品も後日ちゃんと説明したいと思ってます。

今日はとりあえずご紹介まで・・・。


アワード出品作「にじいろバニティ」 [革・鞄(produzioni, pelle)]

 
今年もJAPAN LEATHER AWARD(2014)の季節がやってきました[グッド(上向き矢印)]

今年のテーマは「革に込められたものがたり」
「その一針の背後にある物語を教えてください」とのことで、製作上の作者のこだわりなどを表現するというテーマでした。

ボクは今年、かっこいいメンズバッグと、かわいらしいレディースバッグの2点を出品しようと思ってました。

テーマを考えると革選びからストーリーを考えたいところ。
メンズバッグに使いたい革はあったのですが、より自分のイメージに合うように作ってもらう余裕が無く、またかなり割高なため審査項目の「適正価格」を考えると躊躇し、新潟工房が本格始動して忙しかったため結局メンズバッグは断念しました。

もう一方のレディースバッグは、小さいけれど春に姪に作ってあげたポーチをベースにテーマと照らし合わせて考えました。
ボクはテーマをちょっと拡大解釈をして自分は「世の中がこういう流れに変わっていけたら・・・」という想い「日本エコレザー部門」でカタチにしてみました。

 
その作品は・・・


 
バニティ


 
DSC02238.jpg

DSC02163.jpg


雨上がりの澄んだ青空に掛かる「虹」は、人々を幸せな気持ちにしてくれます。

清らかな空気、緑豊かな大地・・・

そしてそれを維持しようとする生活。

ecoな世界は人の心を豊かにしてくれます。

そんな自然からの恩恵に感謝するとともに

より自然と触れ合い、もっとecoに関心をもってもらいたい。

さらには自然を維持している地方農村部の心豊かな生活に触れ

日本の地方活性化により関心を持ってもらいたい。

そんな想いをバッグに込められないだろうか・・・?

会社でランチではなく、ちょっとでも外に出掛けたくなるような

ランチバッグにもなるような、外の空気を吸いたくなるような・・・

そんなアイテム。

まずはそんな小さな一歩からスタートさせたいという想いから

この「にじいろバニティ」は生まれました。


 
DSC02219.jpg

DSC02185.jpg

DSC02213.jpg

DSC02226.jpg

DSC02196.jpg


 
この想いをカタチにするにはエコレザー以外に考えられない。
澄んだ青空をイメージさせるようなエコレザー。
そのイメージにぴったりな空色「ラテッセー」(山口産業)というエコレザーをメインに使いました。

そしてこのバニティバッグのいちばんのポイントが持ち手
青空にかかるを、多色の革を重ねてアーチ状にした持ち手にすることで表現しました。

DSC02253.jpg

 
そしてもう一つのポイント。
それはファスナーなのですが、このファスナーをこういう使い方で使うことにかなり勇気が要りました
カタチになってみないと光の加減によって見え方が変わるので、想像がつきづらく、失敗をも覚悟して使ったファスナーが・・・

透明レインボファスナ

DSC02215.jpg

まあレインボーカラーなのは分かりやすいのですが・・・

DSC02246.jpg

生地(テープ)の部分が半透明でメッシュ生地なのです。

明るくない工房で夜に作ってると、あまりキレイに見えなかったので、最後まで迷いに迷ったのですが・・・
使って正解だったと思います[ぴかぴか(新しい)]

メッシュ生地なので、夏場は空気を通すことで熱のこもりを防いでくれます。

ちなみにファスナーの引き手は、やはり革を重ねてます。(分かりにくいけど)
DSC02231.jpg
 
で、中はというと・・・

DSC02244.jpg

やさしいイエローとベージュの中間のような色で、質感も表情のある生地を選びました。

DSC02248.jpg

この色の組み合わせ・・・あの船橋のキャラクターに似てる[exclamation&question]

 
値段設定はかなり悩みましたが、14,800円(税込み15,984円)でやってみようということになりました。
(はい、利益ほとんどないです[たらーっ(汗)]

 
さて、今年も11月3、4日に阪急うめだで審査会が開催され、一般審査員も募集してます。
関西方面の革好きなみなさま、ぜひ一般審査やってみませんか?
革小物のプレゼントもありますよ。

また、すでにアワードのホームページに全作品が紹介されてます[グッド(上向き矢印)]

http://award.jlia.or.jp/2014/list/index.php

数多くの力作が出品されてますので、ぜひご覧ください[exclamation]
(毎回写真が暗いのが残念なのですが・・・[ふらふら]

 
「にじいろバニティ」は近々商品化する予定ですが、まだ量産体制が整ってませんので、もう少しお待ちください。
 
 
さあ、今年のアワードのグランプリ、各賞受賞はどの作品なのか[exclamation&question]

ご注目くださいね。

 
DSC02239.jpg
前の7件 | - 革・鞄(produzioni, pelle) ブログトップ