So-net無料ブログ作成
検索選択

地元凱旋!「さんぽく祭2014」出店 [ABALLI出店イベント]

 
ボクの実家の新工房が稼働して数ヶ月たちました。

そんなボクの田舎の新潟県村上市山北地区(旧山北町)の産業祭(?)の「さんぽく祭」11月2日に開催されるのですが、近所の商工会の人に誘われまして・・・

 
出店することになりました[グッド(上向き矢印)]
 
さんぽく祭り2014.jpg 

初の新潟県でのイベントが、まさか田舎の祭りになるとは思ってもいませんでしたが、まあ地元を盛り上げるために、少しでも貢献出来ればと思い、出店を決めました[わーい(嬉しい顔)]

間違いなくボクだけ浮くことでしょう(笑)

また近くなったら改めて告知します。

まずはご報告まで。

秋モノマチ、今日からスタート! [イベント]

今年から春と秋の2回開催となった台東区のイベント「モノマチ」

今日から開催ということで、ちょうどいろいろ買い出しに行かなければならなかったので、軽く回ってきました。

今回もほんとざっくりな紹介で申し訳ないですが、回ったとこだけ紹介します。

まずは今回も2k540で開催の「モノマチ クリエイターズマーケット」から。

IMG_2092.jpg

まずはKlangさん
IMG_2084.jpg

てしごと★足靴工房さん
IMG_2085.jpg

microsaさん
IMG_2088.jpg

nicoricoちゃん
IMG_2091.jpg
nicoricoちゃんと、今後のこととかいろいろ長話ししちゃいましたw

さてこんどは台東デザイナーズビレッジへ。
IMG_2095.jpg

nasturtiumさん
IMG_2096.jpg
人気のバブーシュにかわいい新作が登場してましたよ[グッド(上向き矢印)]

結局時間がなくてデザビレも数分で出てしまい・・・

すぐ近くの知り合いのお店で、今回やっとモノマチに参加できたタマ美容化学さんへ
IMG_2098.jpg
IMG_2101.jpg

今回の新作はこのシャンプーらしいです。
IMG_2102.jpg


と、ほんとざっとした紹介で申し訳ありません[たらーっ(汗)]

もちろんまだまだ魅力的なお店がいっぱいありますので、秋モノマチ出掛けてみてはいかがでしょう?

 

アワード出品作「にじいろバニティ」 [革・鞄(produzioni, pelle)]

 
今年もJAPAN LEATHER AWARD(2014)の季節がやってきました[グッド(上向き矢印)]

今年のテーマは「革に込められたものがたり」
「その一針の背後にある物語を教えてください」とのことで、製作上の作者のこだわりなどを表現するというテーマでした。

ボクは今年、かっこいいメンズバッグと、かわいらしいレディースバッグの2点を出品しようと思ってました。

テーマを考えると革選びからストーリーを考えたいところ。
メンズバッグに使いたい革はあったのですが、より自分のイメージに合うように作ってもらう余裕が無く、またかなり割高なため審査項目の「適正価格」を考えると躊躇し、新潟工房が本格始動して忙しかったため結局メンズバッグは断念しました。

もう一方のレディースバッグは、小さいけれど春に姪に作ってあげたポーチをベースにテーマと照らし合わせて考えました。
ボクはテーマをちょっと拡大解釈をして自分は「世の中がこういう流れに変わっていけたら・・・」という想い「日本エコレザー部門」でカタチにしてみました。

 
その作品は・・・


 
バニティ


 
DSC02238.jpg

DSC02163.jpg


雨上がりの澄んだ青空に掛かる「虹」は、人々を幸せな気持ちにしてくれます。

清らかな空気、緑豊かな大地・・・

そしてそれを維持しようとする生活。

ecoな世界は人の心を豊かにしてくれます。

そんな自然からの恩恵に感謝するとともに

より自然と触れ合い、もっとecoに関心をもってもらいたい。

さらには自然を維持している地方農村部の心豊かな生活に触れ

日本の地方活性化により関心を持ってもらいたい。

そんな想いをバッグに込められないだろうか・・・?

会社でランチではなく、ちょっとでも外に出掛けたくなるような

ランチバッグにもなるような、外の空気を吸いたくなるような・・・

そんなアイテム。

まずはそんな小さな一歩からスタートさせたいという想いから

この「にじいろバニティ」は生まれました。


 
DSC02219.jpg

DSC02185.jpg

DSC02213.jpg

DSC02226.jpg

DSC02196.jpg


 
この想いをカタチにするにはエコレザー以外に考えられない。
澄んだ青空をイメージさせるようなエコレザー。
そのイメージにぴったりな空色「ラテッセー」(山口産業)というエコレザーをメインに使いました。

そしてこのバニティバッグのいちばんのポイントが持ち手
青空にかかるを、多色の革を重ねてアーチ状にした持ち手にすることで表現しました。

DSC02253.jpg

 
そしてもう一つのポイント。
それはファスナーなのですが、このファスナーをこういう使い方で使うことにかなり勇気が要りました
カタチになってみないと光の加減によって見え方が変わるので、想像がつきづらく、失敗をも覚悟して使ったファスナーが・・・

透明レインボファスナ

DSC02215.jpg

まあレインボーカラーなのは分かりやすいのですが・・・

DSC02246.jpg

生地(テープ)の部分が半透明でメッシュ生地なのです。

明るくない工房で夜に作ってると、あまりキレイに見えなかったので、最後まで迷いに迷ったのですが・・・
使って正解だったと思います[ぴかぴか(新しい)]

メッシュ生地なので、夏場は空気を通すことで熱のこもりを防いでくれます。

ちなみにファスナーの引き手は、やはり革を重ねてます。(分かりにくいけど)
DSC02231.jpg
 
で、中はというと・・・

DSC02244.jpg

やさしいイエローとベージュの中間のような色で、質感も表情のある生地を選びました。

DSC02248.jpg

この色の組み合わせ・・・あの船橋のキャラクターに似てる[exclamation&question]

 
値段設定はかなり悩みましたが、14,800円(税込み15,984円)でやってみようということになりました。
(はい、利益ほとんどないです[たらーっ(汗)]

 
さて、今年も11月3、4日に阪急うめだで審査会が開催され、一般審査員も募集してます。
関西方面の革好きなみなさま、ぜひ一般審査やってみませんか?
革小物のプレゼントもありますよ。

また、すでにアワードのホームページに全作品が紹介されてます[グッド(上向き矢印)]

http://award.jlia.or.jp/2014/list/index.php

数多くの力作が出品されてますので、ぜひご覧ください[exclamation]
(毎回写真が暗いのが残念なのですが・・・[ふらふら]

 
「にじいろバニティ」は近々商品化する予定ですが、まだ量産体制が整ってませんので、もう少しお待ちください。
 
 
さあ、今年のアワードのグランプリ、各賞受賞はどの作品なのか[exclamation&question]

ご注目くださいね。

 
DSC02239.jpg

新商品をWebショップに追加しました! [革・鞄(produzioni, pelle)]

今回、2商品をABALLI Webショップに追加致しました[グッド(上向き矢印)]

 
まず1点は、2012年に発売の人気のペンケース[Regina]エコレザー仕様が登場[exclamation×2]

 
pencase [Regina] -eco leather edition-


pencase_eco_01_500.jpg

ミント、ブルー、パープル、レッド、ブラウン、黒チョコ、ブラックの7色展開です。

豚革エコレザーのコシを利用することで芯材を省くことが出来たため、馬革仕様よりも値段を抑えることが出来ました。

9,980yen(+tax)にしてみました。

pencase_eco_02.jpg

 
もう1点は、1年前からイベントのみでお試し販売していた、花屋さん、ガーデニング用の多機能シザーケース・・・

 



scisser_f_11_500.jpg
s9.jpg
s2.jpg
s1.jpg

 
どちらの商品も後日ちゃんと説明したいと思ってます。

今日はとりあえずご紹介まで・・・。


「日本の革7」(エイ出版) に載せていただきました! [ABALLIメディア紹介]

 
毎年この時期に発売されているエイ出版のムック雑誌「日本の革」

今日(10月27日)発売の「日本の革7」に、またABALLIを載せていただきました[グッド(上向き矢印)]

DSC02473.jpg

今年は各メーカー、工房が雑誌記事テーマに対して応募するというスタイルだったので、文具のテーマに応募したのですが、急遽「一国一城の主たち」というテーマでの取材となり、いろいろ油断した中での取材だったので、生活感満載[exclamation&question]な感じです(笑)

DSC02474.jpg

ついでに「自作自用」というコーナーにも、アマチュア時代に作った「ぼくトート(2006)」を持って登場してます[グッド(上向き矢印)]

DSC02475.jpg
 

ボクの記事はともかく、日本の革業界のいろいろな知識や、素晴らしい技術、すてきな逸品が満載ですので、よかったら本屋さんでお求めくださいね[わーい(嬉しい顔)]
 

「日本の革 No.7」
 エイ出版社
 ¥1,000 (税込)
 http://www.sideriver.com/ec/products/detail.php?product_id=19239